外国人技能実習生受入制度とは開発途上国の青年労働者を日本に実習生として受入、一定期間滞在する間に専門的な技術・技能・知識を習得し、帰国して母国の経済発展に役立ててもらおうとする国の公的制度です。

実習生受入制度導入のメリット

メリット01 職場の活性化・生産性の向上

技能実習生は真面目で、明るく元気な若者です。お互いにコミュニケーションを図ろうと努力する事で一体感が生まれ、職場全体が明るい雰囲気に包まれ、職場の活性化、生産性の向上にも繋がります。

メリット02 中小企業の発展に貢献

技能実習生は、作業意欲が高く積極的な労働意欲を持っている為、すぐに貴社の発展に貢献いたします。また、指導していく上で、作業マニュアルや作業工程、労働安全衛生等の見直しの契機にもなります。

メリット03 若い人材の定着

入社しても短期間で退社する傾向がみられる現状、実習生は技術・技能・知識を習得する為に3年間滞在することになり、その期間中は懸命に努力します。

メリット04 国際的視野の拡大

3年間の実習期間終了後、帰国してから身につけた技術・技能・知識を活用する中で、実習生が日本の企業と中国・ベトナムの企業との架け橋となり、中国企業・ベトナム企業との提携等、業務の国際的な広がりも期待できます。

メリット05 同業他社に対する競争力アップ

若く活発な実習生の力で職場の活性化が図られ、生産性の向上、指導者の育成及び、人材が定着することが見込まれます。
結果、同業他社より勝ち残るための競争力がアップします。