よくある質問

申し込んでからどれくらいで実習生が来ますか?

通常半年ぐらいかかります。現地で4ヶ月の日本語教育を必ず受けますので早くても、5ヶ月~になります

技能実習生とは?

企業と直接雇用契約を結んだ労働者です。給付される給与は、その労働の対価になります。その為、技能実習生には、労働基準法などの労働関係法令が適用され、残業も認められます。

日本語のレベルはどのくらいか?

実習生は、来日前に現地で4~5ヶ月、来日して1ヶ月合計半年程の日本語教育を受けます。個人差はありますが実習生は一生懸命克服しようと頑張ります。
コミュニケーションを取る事により、双方の理解も高まっていきます。

技能レベルは、どのくらいか?

実習生は、進んだ技術を習得するために日本に来るので、配属即戦力とはいきませんが現地で同様職種の職業訓練を受けますので、慣れればすぐに手際よくこなしていきます。

住居(寮)は、どうすればよいのか?

企業様にご用意して頂きます。企業様で探す事が出来ない時は、当組合が探すお手伝いを致します。
家賃、光熱費については実習生負担となります。

途中で辞めたりしないのか?

送出し機関において厳重な審査を行い、送出し国若しくは、地方公共団体又は、これに準ずる機関から推薦状、所属企業からの在職証明書、実習生本人とは雇用契約書を企業さまと結び、身元の保証もしっかりしております。仕事がきついとか他に良い条件があるとかの理由で辞める事は出来ません。

もしも逃亡したり、犯罪を犯したりして、強制送還させられた場合の保障は?

管理が出来ていれば無い事ですが、万が一その様な事が有った場合、送り出し機関が保障出来る候補生をすぐに手配致します。しかし、現地で最低4ヶ月、日本で1ヶ月の日本語教育は受けなければなりませんので約半年はかかります。新たな実習生が日本に来る渡航費、集合研修費は、当組合が保障します(失踪者が入国後、半年以内の場合)。
尚、給料の未払いや虐待等で起こった場合については、一切保障を致しかねます。

※管理について
当組合では、管理を特に重視しております。風習、文化の違う国から来ている実習生達に、約半年で日本の法律やマナー、ルールを教えますが、全てを理解できる訳ではありません。組合として出来る限りのサポートを致しますが各企業様での管理がなされていれば、逃亡や犯罪を犯す様な事は絶対に起こりません。